POSシステムの可能性については、皆さん周知のことと思います。

POSとはポイント・オブ・セールス(購買時点)の意味ですが、単にレジで読み取った単品の販売情報を意味するのではなく、仕入れ、配送時の情報も含めたデータ全体を統合し管理するシステムです。

POSシステムを使うと、レジが楽になる、売上登録のモレがなくなる、仕入れ業務が楽になる、という物理面だけでなく、売れ筋死に筋商品が一目で分かる、実効的な棚割計画をたてることができる、販促活動を適切にすることができるなどという販売・在庫管理に生かすことができるようになります。

 コンビ二などは、POSを最大限活かして、売れ筋商品を取り揃えた売り場をつくって、収益性の向上を果たしています。 ただ、実際の運用面では、まだ未成熟な部分もあるシステムです。意思決定のためにデータが十分に加工されていることは稀で、生データにマーカーを引いて、あーでもない、こーでもない、と意思決定者が脂汗を流して考えています。それって、結局、勘じゃないの?といいたくなることもありました。(私など、どこの店とは言いませんが、POSデータ一式をバイヤーに渡されて「社内で発表せなあかんから分析しといて」と依頼されていました。もう何年も前の話ですが(^^;)

理論的には、POSと顧客データを照合すると、だれがいつ何を購買しているかがわかります。何曜日の何時頃にはどんなお客がいくらぐらいのものを買っていく、ということが分かれば、ピンポイントで売れやすいものを品揃えし、PRすることができます。売り場効率を今以上に上げることができることになります。

しかし実際には、顧客データとの照合は極めて難しい作業です。全員が顧客データを記載しているカードを使用して購買しているなら別ですが、そこまでは進んでいません。先進的なお店は、従業員が、顧客の情報を手入力していると聞きます。スーパーマーケットなどがそのような作業をすることは不可能でしょう。

しかも、購入しなかった客のデータは入手することはできません。店にはよく来るのだが、購入しないお客さんというのはいるはずです。この方々を逃していることに直接の対策を打つことはできないものでしょうか。

実はあるのです。夢みたいな話ですが、店においているカメラが、自動的に顧客の属性(年齢、性別)を判断して記録してくれるシステムがあるということです。その顧客が購入すれば、購買データと組み合わせて、総合的に分析することが可能であるという。。。

まだ試験中だということですが、堺のダイヤモンドシティ・プラウには、そのシステムが導入されているらしい。なんか、「2001年宇宙の旅」のHALに見張られているようで落ち着きませんがねーー

現在、ショッピングセンターの出店が多いので、ショッピングセンター同士で競争が激化しています。競争力を高めるためには、有力な専門店にテナントとして入ってほしいもの。来店客データは、テナント誘致の材料としても期待されているということです。

ただ、どこまで精度は期待できるもんでしょうか。こういうのって、発表と実態が違っていたりするもんですがねー(いじわる?)

(2004年12月27日日経新聞より)

スポンサードリンク