「丸亀製麺」のトリドール、世界トップ10の勝算 売上高6倍、ゼンショー超え狙う

■サンケイビズの記事です。トリドールは、焼きそば専門店やラーメン店などもやっていますが、現在は「丸亀製麺」一本です。讃岐うどんで大当たりした銘柄ですね。

そのトリドールが、2025年5000億円の売上高を目指すらしい。現在は、872億円ですよ。どんな大風呂敷なんだーって話です。

そもそも讃岐うどんで5000億円いくんかい。と思うのですが、強気の背景には海外進出にある程度の手ごたえをつかんでいるからのようです。

アジアやアフリカに店舗展開しているらしい。同社は、現地の状況にあわせて柔軟な業態開発をしているようで、そこが手ごたえの中身なんでしょうね。

■飲食チェーンで5000億円を超えるのが、牛丼店などを展開するゼンショーです。全勝ですか。なんとも上昇志向の強い名前を持つこのグループは、買収に買収を重ねて、5000億円を積み上げてきました。

もっとも、すき家のオペレーション問題でつまづいたこともあり、直近で赤字を出しました。こちらも大風呂敷を広げすぎたというわけで、今は、グループ内のリストラが必要とされています。

まあ、企業の成長は右肩上がり一筋にはいかないもので、手を広げる、店じまいする、また手を広げるの繰り返しですから、これは正しいプロセスなのでしょう。

ランチェスター戦略にいうグーパーチョキ戦略ですよ。

■トリドールの場合、成長市場であるアジアやアフリカを展開の拠点としようとしているところが、今までのチェーンと違うとことです。

今は強気一辺倒でいく時期でしょうから、少々のリスクは恐れずに突っ走ってほしいものです。
スポンサードリンク