00

先日、世界的なEVシフトが起きる。という内容のメルマガを書きましたが、そう単純なものではないんだよ、という記事がありましたので紹介いたします。

マイルドハイブリッド車とは?


記事によると、EU各国が進めるEVシフトの中には、マイルドハイブリッド車なるものが含まれているとのこと。

マイルドハイブリッドとは、エンジンの補助としてのみ電動力を使うハイブリッド車のこと。トヨタやホンダが展開するハイブリッド車はエンジンを切った状態でも電動で車を動かすことができますが、マイルドハイブリッド車は、エンジンでしか動きません。

なんとも中途半端なハイブリッド車に思えますが、欧州の各メーカーがEVシフト計画の中に想定しているのは、このマイルドハイブリッド車が多いということです。

EU各国も自国の利益を優先


なぜこんな中途半端なエコカー規制をやるのか?

というと、もともと欧州の自動車メーカーはディーゼル車を得意としていました。

ところがフォルクスワーゲン社が燃料試験において不正をやったものですからすこぶるイメージが悪くなった。消費者からそっぽを向かれるだろう。

といって、通常のハイブリッド車だと日本のメーカーが有利になってしまうので、なかば強引にEVシフトを促すことになってしまった。

だけどいきなりだと技術が追い付かないので、日本のメーカーが手掛けていないマイルドハイブリッドをまず認めて、次にプラグインハイブリッド、次にEVというように、展開していこうという算段なのだそうです。

要するに各国とも、自国の自動車産業振興ありきです。ありていにいうと、強すぎる日本車を封じ込めようという腹積もりが見えます。

なんだ、中国はずるいなんて言ってられませんね。みな同じようなことを考えている。

いまの段階では、どのエコカーが主流になるのか分からない


さらにいうと、燃料電池自動車もEVもハイブリッドも、おおもとの電力や燃料の作成に二酸化炭素を放出しているので、どれがクリーンだとか一概に決められない。

だから最終的にどのエコカーが主流になるのかは今の段階では決められないとのことです。

動こうにも動けないトヨタの苦悩


煮え切らないと批判されるトヨタの態度も、あながち無意味なものではないということですね。

なにしろ、各国ともトヨタの動向を見ながら、トヨタが弱るように規制を変えていくでしょうから、動こうにも動けない、というのは仕方ないことなのでしょう。

悩ましいことです。









スポンサードリンク