00

スマホアプリ決済が一般化した中国の状況をレポートした記事です。興味深い。

効率、安全、信用 スマホ(QR)決済は超便利


中国では想像以上に、脱現金が進んでいるようです。

たとえば、深センのレストランでは、QRコードを読み込むと、メニュー選択から決済までスマホ内で完結してしまい、あとは料理が出てくるのを待つだけという状況だそうです。

店とすれば、キャッシュレジスターもいらなければ、警備会社による現金の送迎もありません。電子マネーの読み取り機も必要ありません。固定費が省かれるわけで、合理的です。

またスマホ決済が、自動販売機の普及を促しました。

日本に比べて海外で自動販売機が普及しないのは、現金盗難のリスクが高いからだと言われています。小銭を貯めこむ自動販売機は、治安の悪い地域では、強盗の貯金箱扱いにされそうです。

しかしスマホ決済なら現金を扱わないので、現金狙いの盗難はありません。

もう一つ。スマホ決済は、個人情報と結びついています。いわば個人信用と紐づいていますから、それを使って勝手なことはできません。だからレンタル傘などのサービスを展開しても、持ち逃げされる恐れが少なくなるというものです。

深センには、無人コンビニの実験店もあるようです。

支払い20秒 続々登場する深センの無人コンビニ体験

スマホ決済の普及が、いかに社会の在り方を変えるのかを垣間見させてくれる事例です。

日本でもようやく統一規格作成の機運が


日本の場合、現金信仰が強いと言われていますし、クレジットカード会社が強いのでスマホ(QR)決済の普及を嫌がっているという説もあります。何せクレジットカードの手数料は高いですからね。スマホ決済なんてされてしまうと、クレジットカードが成り立ちません。

日本では、ドコモや楽天など携帯電話を扱う企業が、QR決済に積極的です。LINEなども狙っていますね。ようやく統一規格を作ろうという機運が盛り上がってきました。

QR決済の規格統一、年内にも行動指針 経産省

QR決済って、ホントに便利?

社会的には、スマホ(QR)決済が普及した方が、全体的なコストは下がりますから、その方向へいくのは自然な流れです。

どうやら、この分野でも様々なビジネスが生まれてきそうです。

プラットフォームを握る企業はもちろん大きなうまみがありますし、そうでなくても、新規サービスやビジネス開発がいくらでもできそうですよ。

起業のチャンスです。








スポンサードリンク