00

ミニ保険(少額短期保険)は、2006年の保険業改正により生まれた保険です。

保険金額が1000万円以内、1〜2年の期間に限定した保険をいいます。

伝統的な生損保の商品と比べ、補償内容がシンプルで保険料も安いのが特徴だ。死亡時の保障を葬儀費用にあてる数十万〜100万円程度に抑えたものや、家財が壊れたり、ペットが病気になったりするといった特定のトラブルに備える。

ということで、ちょっとした補償を取り扱います。

例えば、運動会一日の怪我の補償とか、家電製品の補償、イベントのキャンセル補償、痴漢冤罪の弁護士保険など。

保険料も少額なので、スマホで契約するのに適しています。というか、スマホがなければ、売ることは難しい商品です。

スマホというチャネルができたからこそのビジネスであるといえます。

ベンチャー企業にうってつけのビジネス


取り扱うのは、専門の少額短期保険会社です。従来の保険会社も別会社を設立する必要があります。

ただ最低資本金が1000万円なので、比較的簡単に設立できます。

ミニ保険は、需要と事故発生率の計算さえできれば、アイデア一つで開発できます。まさにベンチャー企業にうってつけのビジネスです。

参入するなら今ですよ。(競合が増えて似たような保険が増えると、厳しくなりますので)

ミニ保険、「百社」繚乱 少額で日常トラブルに備え

もうひとつ言えば、需要と事故率と保険料の計算をする専門AI扱いビジネスが成立するかも知れません。あとは、いざという時の補償料を肩代わりする会社ですね。





スポンサードリンク