00

丸亀製麺を運営するトリドールの記事です。

もともと同社は、焼き鳥チェーンの「とりどーる」を運営していましたが、いまや丸亀製麺が稼ぎ頭です。

記事では、焼き鳥チェーンが成功していたことが書かれています。参考になりました。

身軽で柔軟なトリドールの姿勢


成功していたのに、さぬきうどんの業態を作ったのは「鳥インフルエンザ」の流行により、焼き鳥業界全体が低迷した時期があったからです。

このあたりの事情は、「狂牛病」騒ぎに巻き込まれた吉野家に似ています。

吉野家は過去の栄光を捨て去れるのか

が、吉野家は日本を代表する外食チェーンとして確固たる地位を築いていましたので、新業態を作るにも元が重すぎて難しかったのでしょう。

それに比べてトリドールは、まだ数店舗の段階でしたからやりやすかったということもあります。


しかしもっと大きな理由は、トリドールの経営者は創業社長なので、自分の判断で方向性を決めやすいという事情があったからだと思います。

吉野家の場合、当時の安部社長は「ミスター牛丼」だったとはいえ、創業者ではありません。吉野家はイケイケで破綻した過去があるので、保守的な社風であるということもいえますね。

ともあれ、トリドールは、みごと日本を代表するさぬきうどんチェーンを築き上げました。


柔軟性は、海外進出の際にも表れています。

同社は必ずしも丸亀製麺というコンテンツにこだわっているのではなく、進出する現地にあわせた業態を志向しているようです。

さすが創業社長ですな。

丸亀製麺はまだ出店余地があるはず


ただ国内の丸亀製麺に関しては、ライバルのはなまるうどんのだらしなさに助けられているきらいがありますな。

丸亀製麺は、味にこだわるという理由で、各店舗に製麺機を置いています。それが同店の象徴になっているのですが、場所をとられるというデメリットもあります。

だから丸亀製麺は狭い場所、ショッピングセンター内のフードコートや駅構内などには出店しにくいという制限があります。

ライバル会社はここを突くべきですよ。

セントラルキッチンでつくった麺が必ずしも不味いわけではないはずです。イメージを覆すよなうどんを作って、狭いスペースにどんどん出店していけばいいのです。

逆に丸亀製麺側は狭いスペースでも対応可能な製麺機を開発するなどして、出店範囲を広げていかなければなりません。

どちらが先に対応するかという問題です。が、はなまるうどんの動きは鈍そうですね。

ちなみにはなまるうどんは、吉野家HDです。

牛丼がイマイチなんだから、ここで頑張らないとあきませんよ。






スポンサードリンク