00

「白タク」を一部認める


日本版ライドシェアとは、国土交通省が打ち出した「自家用有償運送制度」拡充のことです。

「自家用有償」とはバスやタクシーなど公共交通不在の地域に限って、白ナンバーの自家用車であっても、有償で旅客を運べる制度だ。

いわゆる白タク行為を、一部認めるという制度です。

公共交通不在の地域に限って、というところが、相変わらず既存のタクシー会社等に配慮した内容となっていますが、一部でも認められたというのはいいことです。

なにしろ地方の過疎地では、高齢者が増えているわりに交通手段が不足しています。既存のタクシーでは採算がとれません。だから地元の人がマイカーで運賃をとって運ぶ制度があれば、ある程度の需要の受け皿になるはずです。

(外国人観光客も自家用有償制度の対象にすべきだと思いますが、これも後々規制緩和されてくるのでしょう)

「事前確定運賃」の導入


タクシーに関しては、「事前確定運賃」の導入を解禁する、という報道もありました。

タクシー運賃、事前に確定 乗客の不安解消  国交省 全国で解禁、年内にも

「事前確定運賃」は、配車アプリありきの制度となるでしょう。

ユーザーが配車アプリ上で、現在地と目的地を設定すれば、運賃を計算し確定してくれるようになります。妙な回り道をされて高値請求されることもありませんから安心です。

逆にタクシー側とすれば、渋滞の時とか、時間がかかるわりには上乗せ運賃をとることができず、一時的には損をすることもあるでしょう。

しかし、全体的には生産性の向上につながるはずです。なにしろ現在のタクシーは空車で流したり、客待ちをしたりする時間が多い。そんな無駄をなくすためには、配車アプリによるマッチングが欠かせません。

既存のタクシー会社は、配車アプリを認めると、白タクや相乗りが横行してタクシーの需要がなくなってしまうと危機感を持っているのでしょうが、ユーザーの利便性からいっても、流れは止められません。

時代に抵抗するよりはタクシー会社自らが革新的なビジネスに取り組んで、存在意義を作っていかなければなりません。

自動運転車が普及しても生き残れるのか


ちなみに業界最大手の第一交通は、事前運賃制度の導入をいちはやく表明しています。

第一交通、事前確定運賃や相乗り参入 19年度にも 

同社は最大手にもかかわらず、配車アプリの導入、ウーバーや滴々との提携などを積極的に行っており、業界の行く末に対する危機感が伝わります。

自動運転車と自家用有償が普及すれば、基本的にタクシーは不要になりますからね。

そうならないために、生き残りに必死にならざるを得ません。






スポンサードリンク