00

コロナ禍により企業の維持さえ厳しくなっている現状ですが、日本の大企業は内部留保が大きいため、諸外国よりは切迫感がない。という記事です。

国内企業には約460兆円もの内部留保(利益余剰金)があるといわれます。コロナ禍が起こる前は、「ため込みすぎ。設備投資するか、従業員に還元せよ」と批判されたものですが、いまは、むしろ「いざという時のために残しておいてよかったな」と評価されています。

確かにその通りです。アリとキリギリスの話よろしく、儲かっているからといって、使いまくっていると、苦しい環境時に困ってしまいます。

しかし、だからといって、これを免罪符として、ため込むことが正当化されてしまっては、経済のダイナミズムが阻害されてしまいます。やはり企業活動によって得た利益は、適切に投資に回すなり、従業員還元するのが正しい。と専門家は警鐘を鳴らしています。

ため込む時はため込め


われわれ零細企業は、経済のダイナミズム云々よりも生き残ることをまず考えなければなりませんから、ため込む時はため込まなければなりません。

ここだけの話。小さな事業者の中には、ろくに帳簿もつけないどんぶり勘定で平気な人が多いように見受けられます。成功者といわれる人の中にもいました。

売上がすべてを覆い隠してしまうということなんでしょうが、その場合、需要減にはすこぶる弱いものです。そんな人がコロナ禍で苦しんでいる姿をみると、キリギリスそのものに思えます。

しかしこれは論外ですな。

ため込むだけでは潰れてしまう


私も、いざという時のためにお金を置いておく、というだけの経営はただの戦略不在だと思います。

戦略の要諦は「勝てる局面で勝つ」ことです。

小さな事業者の場合、隙間市場や、不安定な市場でも、勝てるとなればそこでビジネスを作らなければなりません。

成長市場で堂々とビジネスするのはそれなりに資本力のある企業です。小さな事業者は、水たまりのように明日干上がってしまう場所でも生きていかなければなりません。

スピードが重要です。勝てるとなればいち早く参入し、やばいと思えばすぐに手仕舞いすることです。

だから、そのための「タネ銭」を持っておくことは重要です。進出するにしろ、撤退するにしろ、タネ銭がいります。そのための余剰資金です。

「勝てる局面」を見極めて使う


いまは100年に一度の緊急事態なので、そんなこと言ってられないでしょうね。ため込んでいてよかったなというのもわかります。

しかし、だからといって、ただの戦略不在になってしまえば、余剰資金を食いつぶすだけです。小さな事業者は干上がるのも早いですよ。

「勝てる局面で戦う」「勝てない局面では戦わない」という戦略の原則を忘れてはならないと思います。

要はバランスですね。

「いま儲かりますよ」と煽る声に安易に乗るのも、「安全にいこう」と思考停止してしまうのもダメですな。

感度を磨いていきましょう。