00

先日、作家さんが集まる会合的なところにいってきました。一応、私も著作がありますので、作家ということで、参加してきました。

何人かの方とお話ししたのですが、それはもう、会う人会う人ごとに言われたのは「そのままコンサルしときなよ!」ってことでした。

私に才能がない。とか、逆に才能がありすぎて怖い。とかではなく、単純に、専業作家が儲からないから、というお話しのようでした。

だからこの記事は実にリアルです。作家の方とお話しした感じからしても、うなづけるものでした。


専業作家は、もはやビジネスとして成り立たない?


記事には、専業作家の平均年収は150万円程度じゃないかと書かれています。

単行本を書いて生活できる人は一握りです。雑誌の記事、ネットの記事、ゴーストライターなどで食いつないでいる方が殆どだと書かれています。

以前はそれでも、仕事をかき集めればそこそこの収入になったのでしょうが、今はかき集める仕事がなくなってきてきます。

それで平均年収が150万円だなんて、夢を追いかける若者じゃないんですから。これはもう専業作家という仕事はビジネスとして成り立たなくなった。と考えなければなりません。

まさに伝統芸能として、補助金をもらいながら維持していくような仕事になったのかも知れません。

文学界がプロレス化していくのはなぜか?

作家は、特殊能力のある自由業者


作家は従来の稼ぎ方では食っていけないわけです。

作家といっても、文芸誌への投稿や単行本の執筆で食っていける頂点の人たちは一握りです。

その他の方々は「取材ができる」「文章が書ける」「物語を作れる」能力のある自由業です。

その特徴を生かして食っていくことを考えないとだめでしょう。

能力を活かす市場を探す=「勝てる場所で戦う」


文芸誌や単行本が衰退産業ですから、そこでパイを奪い合っても、殆どの人はあぶれてしまいます。

だとすれば成長産業にシフトし、能力の使い方をチューニングしていかなければなりません。

以前のブログにも書きましたが、「物語」に対する需要はなくなりません。ドラマは作られ続けているし、読みやすい短編小説は求められています。

それが、ネット配信メディアに移っていっているだけです。

物語を必要としているネットメディアはいっぱいありますから、そこに食っていくためのヒントがあると思います。


切り口の鋭いテーマを上げられる人は、ネット番組や講演会を企画してもいいでしょう。

そこそこ有名人になれば、有料メルマガや有料記事を出して稼ぐ方法があります。

いまの流行りは、会員制のコミュニティを運営することです。安定収入になりますからね。

このテーマについては、もっと整理して、いずれメルマガに書こうかな、と思います。


ちなみに私がもし専業作家になるなら、こういう方法で稼ごうというアイデアがあります。

でも今は秘密です^^