00

これ一体なにが起きているんだろうと思っていましたが、けっこう深刻な話のようです。

ドコモ口座を通じて、預金が不正に引き出される被害が起きているのですが、むしろドコモ口座を開設した覚えのない人に被害が広がっているらしい。

ドコモ口座なんて持ってないや。関係ないや。と思っていても、被害にあっている可能性があります。

被害額1800万円といいますが、気づいていないだけで、もっと大きな規模になるかも知れません。

不正引き出しの仕組み


仕組みはこうです。

ドコモ口座はドコモユーザーであれば、メールアドレスだけで簡単に開設できたんだそうです。本人確認なし。ゆるゆるです。

ドコモ口座は、他の銀行と簡単に連携できることを売りにしています。他の口座からお金を移動したりしやすくなっています。

その際、相手側の銀行の中には、口座名と口座番号、4桁の暗証番号がわかれば簡単にアクセスできてしまうところがあるようです。

ネット時代を想定していないこちらもゆるゆるの銀行があるんですね。

だから、犯人は、ドコモの携帯を匿名で取得してユーザーになると、捨てメールアドレスで他人名義のドコモ口座を作り、さらにその人物の銀行口座からお金を移動させて引き出したということです。

4桁の暗証番号をどう突破したのかは謎ですが、識者によると突破する技術があるらしい。犯人グループはこの技術を持っているということなのでしょう。

金融関連のセキュリティを甘くみたドコモと、ネット時代のセキュリティを想定していない旧弊な銀行のスキを突かれた事件です。

ネット金融時代への過渡期の事件


ドコモだけではなく、携帯電話会社や小売業者が、金融事業を始める例が増えています。

アリペイの大成功が、多くの事業者に刺激を与えているんでしょうね。

異業種からの参入組は、ネット時代の利便性を追求するでしょうが、金融機関側はその利用ケースに対応できていません。

過渡期ということなんでしょう。

とりあえず、ドコモは被害額を補償すると言っていますね。

面倒臭いですが、自分名義の口座から不正な引出しはないかを確認していかなければなりませんな。