00

家電小売り大手のヤマダ電機が電気自動車(EV)に参入するというニュースです。

ヤマダ電機の挑戦を高く評価します。

2020年までに、100万円以下のEVを発売


記事によると、生産は船井電機に委託。開発を担うのは、EVベンチャーのFOMM(フォム)のようです。

2020年までに、100万円以下の低価格EVを発売するという計画です。

ヤマダ電機は、家電量販店という業種の衰退に際して、事業の多様性を模索しています。

参考:ヤマダ電機が生き残りを賭けて反攻開始!

いまのところ住宅事業への進出が本線になっているようですが、その他複数のベンチャーに投資をしている模様です。

家電関連事業はこぞって自動車への進出を模索


ヤマダ電機に限らず、家電関連ビジネスをする企業は、AI、IoT、ロボット、医療、環境分野への進出を狙っています。

特に日本が得意とする自動車産業においては、EVや自動運転車への参入を志向する企業が多い。

パナソニックは、リチウムイオン電池の暫定世界トップ企業になっています。三菱電機は衛星技術に強く自動運転車でリードできるとみています。オムロンやクラリオンなども、次世代カーでの存在感をみせています。

EV・自動化で変わる産業構造 部品市場に外資攻勢(日本経済新聞・有料記事)

イギリスのダイソンは、年間利益の2倍を車載電池の開発に投資しているといわれ、EVそのものの開発を宣言しています。

ヤマダ電機のEVを高く評価する理由


そんな中、ヤマダ電機の低価格EV挑戦は、高く評価できます。

テスラも日産自動車も、現行のEVは高級車の分野です。おそらくダイソンが手掛けるのも、高級車になるはずです。

低価格車を志向するのは、中国やインドなどのメーカーになってくるでしょう。日本に足りないのは、まさに低価格分野の商品でした。

2020年に、100万円以下のEVを発売するなんて常識はずれですが、それだけに常識にない開発や生産を行わなければなりません。それこそがイノベーションです。

参考:トヨタは、イノベーションのジレンマに陥っている

電動スクーターの延長みたいなものが出てくるにおいも濃厚ですが、それでもかまいません。既存の自動車メーカーにはできない発想で企画開発していただきたいと願います。

ヤマダ電機が次世代カーの先進企業に


というのも、今回、ヤマダ電機がEV開発をすると宣言したことで、ヤマダには次世代カー関連の情報が集まってくるようになります。

特に資金力のないベンチャーなどは、ヤマダに相談に来るでしょうし、ヤマダ側も門戸を開きます。(門戸を開きますよ!と宣言しなければなりません)

衰退産業の象徴のようだったヤマダ電機が一気に先進的企業として知られるようになるわけですから、これはなかなか痛快ですよ。

全国にあるヤマダ電機の店舗駐車場を充電ステーションにして、田舎町を低価格EVが走るようになると、面白いですね。

開発・量産には幾多の困難が待っているでしょうが、なんとしても実現していただきたいものです。