先日、「孫子の兵法ビジネス活用セミナー」の講師を務めました。

「孫子の兵法」とは、2500年前、古代中国で書かれた兵法書です。

2500年前といえば、日本では縄文時代から弥生時代に移り変わろうとする時代。卑弥呼が登場するはるか以前です。

そんな時代に書かれた兵法書が、いまだに世界で読まれ続けているのだから驚異ですね。


実をいうと「孫子の兵法」は、ランチェスター戦略と似ているところも多く、私にとって馴染みやすいものです。

というのも、ランチェスター戦略の創始者である田岡信夫先生が、同戦略を作るにあたって、孫子の兵法を参考にしたといわれています。だから似ているのは当然なのですね。

ランチェスター戦略を学ぶことは孫子の兵法を学ぶことでもあり、私も自然とこの兵法に詳しくなりました。



もちろん、ビジネスとしてより具体的なのはランチェスター戦略です。

市場シェア目標値や、市場シェアを段階的に上げていく方法、顧客の分析方法など、明日から使える方法論が含まれています。

当たり前のことですが、2500年前の兵法書である孫子は、そこまでビジネスにカスタマイズされていません。われわれが使うには、現代ビジネスへの「読み替え」が必要になります。



しかし、それでも「孫子の兵法」を学ぶ意味があります。

なにしろ2500年の時を経て読み継がれてきた書物です。その普遍性は、疑いようがありません。

特に「孫子の兵法」に顕著なのが、その統治者目線です。(経営者目線、オーナー目線)

孫子は、兵法書なのに「敵に勝つこと」など推奨していません。

孫子が目指すのは、ひたすら「生き残ること」です。

敵に負けようが、泣きを入れようが、土下座しようが、プライドを引き裂かれようが、生き残ることができれば、それで良しとします。

そもそも個人のプライドなど国を(会社を)存続させることに比べれば、塵芥ほどの価値もありません。

だから、敵を騙すことなど普通のことです。孫子には、兵隊(従業員)も騙して戦わせろ、などと身も蓋もないことが書かれています。

そんな素直にはうなずけない内容が含まれているにしろ、徹底した目線は魅力です。



今回、経営者の集まりで「孫子の兵法」を講演させていただきましたが、「その通りだ」「経営に直結している」と意見をいただき、大いに手ごたえがあったと感じます。

正直にいって、私も「孫子の兵法」が実感として理解できるようになったのは、独立し、経営者を相手にコンサルティングをするようになってからです。

一営業だったころは、そういう考えもあるのかな、ぐらいにしか思っていませんでした。

いまは、生き残るための指南書として、最善の戦略書であると感じています。

また何かの機会に「孫子の兵法」のことをお話しできる時があればいいなと思います。