日本の旅館もハイアットの施設になる日がくる?

■日経ビジネスオンラインの記事です。

東京や大阪は宿泊施設の不足が問題になっています。外国人観光客の急増にホテルが対応できていません。(かといって慌てて作ったら、オリンピック後の需要減が怖いので、思い切って増やすことができないのですが)

しかし、地方にいくと、いわゆる伝統的な旅館は閑古鳥が鳴いています。日本人旅行客が少なくなったあおりですが、外国人を取り込むにはミスマッチが起きています。

そんな日本の旅館を、世界的ホテルチェーンのハイアットが、パッケージ化して扱うのではないかという記事です。

■記事のニュアンスからすると、そう決まったという話ではないらしい。

そうなる可能性があるという推測の記事ですね。

■記事にあるように、人が旅行に求めるのは非日常です。

日本に来れば、日本の伝統的な旅館に泊まりたいという需要はあるはずです。

それができないのは、受け入れ側の能力と、集客力です。

それをハイアット側が、整えて、請け負ってくれるならありがたい限りでしょう。

ぜひやっていただきたいものです。

■海外のラグジュアリーリゾートの中には、何もないテントに泊まる、無人島に泊まる、というものがあるそうじゃないですか。

だとすれば、昭和の雰囲気がある旅館も、施設はそのままで、オペレーションの部分だけ少し改善するだけで、受け入れられるようになるのではないか。

おそらくちょっとした工夫でできるようになるはずです。

00.jpg

「廃業寸前」が世界トップ企業になった奇跡の物語


株式会社クリエート・バリュー

メルマガ:営業は「売り子」じゃない!

営業を会社の強みにする「営業コンサルティング」

オンラインでランチェスター戦略を学ぶ。「ランチェスター戦略入門セミナー」