00



家電メーカーの英ダイソンが、電気自動車の製造に参入するという記事です。しかも、

バッテリーから車体の設計・開発まで基本的に自前で手掛ける。

もうこれは、家電メーカーが電気自動車に参入。というより、電気自動車は家電製品になった。といった方がいいかも知れません。


確かに電気自動車は扱い部品が少なく、組み立てにおいてもすり合わせなどという難しい工程がないといわれています。

これがダイソンにもできるとなると、日本の家電メーカーはにわかに活気づくでしょうね。ずっといまいちの状態が続いている家電メーカーとすれば久々の大型商品です。パナソニックやソニーは、自社なりの電気自動車を世に問うてほしい。というかやらなければなりませんよ。

確かに、ダイソンは、設計思想において独特のものがありますから、どんな車が出てくるんだろうと今から楽しみです。


逆にトヨタなど日本の自動車メーカーは、系列部品会社を多く抱えるがゆえに、電気自動車シフトに踏み切れないジレンマを抱えているとあります。

既存事業を守ろうとして動けなかった。というのは、今までさんざんみてきた衰退企業の姿です。

当面は、プラグインハイブリッド車で勝負するしかないのでしょうが、いつまでも続くものではありません。

※プラグインハイブリッドとは、充電用プラグのついたハイブリッド車。基本は電気で走り、電気がないところではガソリンで走る。電気自動車の充電装置、ガソリンスタンドの双方を使用できる。

参考:トヨタ、EV連合へ呼び水 マツダ・デンソーと新会社 

 ↑ いかにも遅い始動ですが、この新会社に賭けるしかないのでしょう。豊田紡績が豊田自動車を育てたようにはできないものか。

いや正直にいって、この期に及んでスポーツカーの新ブランドを立ち上げている時代感覚のトヨタに期待はできないですね。

参考:トヨタ、スポーツ車「GR」に統一 9車種投入、専門店も 

むしろ新会社ではマツダ、デンソーの技術者に自由にやってもらって独創的なものを生み出していただきたいものです。