00


アエラの記事です。

フリーランスが継続的な業績を上げ続けるためのポイントについて書かれています。

内容は、ひたすら営業を頑張るのではなく、既存顧客を大切にしてリピートを得られるようにせよ、というしごく真っ当なものでした。

真っ当すぎて、拍子抜けするかも^^;

フリーランスは「営業の仕組み」がなければ維持できない


ただこの記事が指摘する「ひたすら営業を頑張る」というスタイルが、一人で仕事をするフリーランスにとって無理があることはその通りです。

営業ばかりしていたら仕事できません。仕事をしていたら営業できません。結局、行き詰ってしまいます。

私は営業コンサルタントですし、営業の方法を教える立場ですから、自分でも営業はする方だと思います。

ただし闇雲に営業するわけではありません。

ルーティンとしての作業が営業につながる行動をとっていると自負しています。

これを私は「営業の仕組み」と呼んでいます。

その営業の仕組みはどう作るのか、ここでは言いませんが、フリーランスの方の営業支援もしていますので、ご相談ください^^

顧客基盤を作れば10年以上生き残れる


10年以上、フリーランスを続けようとすれば、強固な顧客基盤が必要です。

まあ、10年以上粘っていれば、顧客基盤はある程度できてくるものですが、そんな自然発生的ではない、意識した顧客基盤づくりを心掛けていれば、それは相当楽になるはずです。

どうすれば顧客基盤を確かなものにできるのか?

顧客満足を第一に考えることはもちろんですが、それだけではありません。

集客、見込み客リスト作り、アプローチからクロージングまでの流れ、アフターフォローを適切に行うことが、その秘訣となります。

詳しくは、ご相談ください^^